ブログで成功するための考え方5つ!いくら稼ぎたいか決めることも必要

  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

 

ブログで成功するために重要なのは、「マインドだ!」とよく目にしますね。

 

「マインド」ではなく、ここでは「考え方」って言います。

 

 

ブログを書くときに、頭においておきたい考え方です。

 

 

初心者の時は、全部理解しなくても大丈夫です。

 

ブログを書いていくうちに理解できるようになります!

 

 

ブログを書く時に大切なことなので、頭の隅に置いといてください。

 

ブログで成功するための考え方5つ!失敗したくないなら必要です!

 

 

 

ブログで成功するための大切な考え方5つとは、
  • 読者は問題解決するためにブログを読む
  • ブログを見に来た人が行動したくなる3の気持ち
  • なぜ?の視点が大切
  • ブログを書く、書き続ける
  • 楽しく書ける得意分野を見つける
  • おまけ・いくら稼ぎたいか考える

 

 

ひとつひとつ詳しく説明していきます。

 

 

読者は問題解決をするためにブログを読む

 

ブログを読む人は、問題解決をするためにブログを読みに来ます。

 

例えば、

テレビを見ていて「この俳優さん誰?」と思った時、検索して調べます。

「サムライマック CM 俳優 誰」

 

検索して出てきたブログを読んで、「この俳優さん誰?」という問題が解決しました。

 

 

問題解決というと、ちょっと大げさに聞こえますが、

  • 疑問を解決したい
  • 謎を知りたい
  • 悩みを解決したい

から、検索して、ブログを読みに来るわけです。

 

 

だから、ブログには問題解決するための答えを書きます。

 

 

ブログを始める時に、「私が好きな〇〇を発信したい、多くの人に知って欲しい」と思っていませんでしたか。

 

 

私もブログを始めた時に、家計の節約方法を発信して、まだ知らない人に教えたいと思っていました。

 

 

その考え方も間違いではないです!

 

 

でも、この意志が強いと「これも知ってこれも知って」と記事の内容が多すぎてしまうことがあります。

 

 

読者さんが何の問題を解決するために検索したのか、読者さんの目線で書くことが大切です。

 

 

ブログを見に来た人が行動したくなる3つの気持ち

 

人が行動したくなる時の気持ちは3つ
  • 楽しそうな時
  • 夢がある時
  • 問題解決したい時

 

 

では、読者さんがブログを読んで行動する時は

 

 

検索してブログを見ようとする時

タイトルを読んで問題解決できそうだったら、クリックする

 

 

広告を見て、クリックする時

楽しそうな広告、買って問題解決できそうだったら、クリックする

 

記事を読み終えた時

次の記事が問題解決できそうだったら、クリックする

 

 

楽しそうな雰囲気で、

問題の解決法を書いて、

問題が解決したら「こうなれますね」と夢を与える

 

 

3つを意識して、書くと読んだ人がたくさんの記事を読んでくれます。

 

 

なぜ?と思ったら検索してますか?

 

 

ブログが読まれない時、稼げない時、すぐに諦めるのはまだ早いです!

 

 

「なぜ?」と考えてみてください。

でも、自分一人で考えても答えって、思いつきませんよね。

 

 

ドラマ「ドラゴン桜」で桜木先生(阿部寛さん)が言っていました。

 

「なぜ?と考えて、検索すれば問題解決の方法が出てきます。」

 

 

検索すれば、何でもネットで答えが出てくる時代!

でも、意外と検索せずにモヤモヤしていることありませんか?

 

例えば、

「なぜ、ブログを読む人が増えないのか」

「なぜ、ブログで稼げないのか」

と思ったら、

 

あとは行動(検索)するだけです。

 

 

私が「なぜ?」と考えたことでブログで稼げた話!

 

 

私は、ブログを始める前にライターをしていたことがあります。

 

パソコン初心者だった時に、ホテルの紹介記事を書くことになりました。

 

記事の依頼主が私に払ったお金は3500円でした。

 

 

その時思ったんです。

 

依頼主の人は、こんな素人が書いた記事に3500円を払って、記事をどうするんだろう?

 

 

調べると、記事をブログに投稿して、お金を稼いでいることを知りました。

 

このことから、ブログで稼ぐことができると知ったんです。

 

 

すぐにブログを始めました!

 

 

 

ブログを続ける

 

ブログは、ブログを書いている年数が長いほど、読む人は増えていきます。

 

 

ブログは、続けることが大切なんです。

 

 

ブログを始める人は多いですが、続かなくてやめてしまう人も多いんです。

 

 

ライバルは勝手に増えて、いなくなります。

 

続けたもの勝ちなんです。

 

 

私は5年間、ドラマの記事を書いてます。

 

今、5年前のドラマ記事のライバルはいなくなっています。

 

 

 

楽しく書けるジャンルを見つける

 

ブログを書くことを続けていくためにも「得意分野を見つけて楽しく書く」ことができたら最高です。

 

 

最初から、一つのことに特化して書かなくても、書いているうちに見つかることもあります。

 

 

ブロガーの間で掛け声のように言われている

「ブログ書け」

「目指せ100記事」とは言いません。

 

 

しかし、ブログを書かないことには稼げません。

 

 

まずは、いろいろなジャンルのことを書いてみて、

書くことが楽しい

すらすら書ける

 

 

そんなジャンルを見つけると記事更新が楽になります。

 

 

私は、稼げるジャンルと知って

家計の節約ブログを書いてました。

 

 

ところが情報を調べて、

書くことに時間がかかって

記事を書くことが苦しくなって、テーマを変更!

 

 

いろいろなジャンルを書くブログにしたら、気持ちが楽になって

 

 

テレビ番組のネタや近所のお店情報、子育てなど、いろいろなことを書いてきました。

 

 

その中でも読む人が増えるという情報を見て、ドラマの記事を書いてみました。

 

ドラマを見るのは、家事や子育ての合間の楽しみ!

 

 

 

毎週見ていたので、すらすら楽しく書けました。

ドラマが放送されると読む人がグンと増えました。

 

 

それからは、ドラマの記事を楽しく書いて

稼げるようになりました。

 

 

その頃は、1万円前後の収入でしたが、23000円になりましたよ。

 

ジャンルを決めずにいろいろ書いてみてください。

 

 

 

おまけ・いくら稼ぎたいか考えることも重要

 

突然ですが、ブログでいくら稼ぎたいと思っていますか?

 

いくら稼ぎたいか

稼いだら何をしたいか

明確に決めることで、ブログを書くことに向かって行けます。

 

 

最初にネタバレします!

 

ブログで稼いでいる人は、さらっと月10万円稼ぎました!

と明るく軽く書いていますが、

それまでにはかなりの作業をしています。

 

 

「ブログを始めて最短1ヶ月で月10万円稼ぎました」

と書いていたママブロガーの記事を読みました。

 

家事と子育ての合間に1日5~7記事更新

 

平均6記事を書いていたとしても1ヶ月で約180記事書いています。

 

それは、それはブログが強くなって、読む人が増えて稼げるわけです。

 

 

私は1日約1.5記事書いて、月10万円を稼いでました。

それは、読む人が多いドラマ記事だから、できたことだと思います。

しかも、苦しいと思わずに楽しく書いてました。

 

 

根性論みたいなことを言ってますが、

稼いでる人はブログを書いているという事実をネタバレしました。

 

 

 

ブログを成功させるには、正しいやり方で始めることが大切です。

 

 

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

ブログ初心者さんを応援します!

りこ

りこ

はじめまして、りこと申します!

冷静な理系夫とゲーム大好き反抗期の息子とログハウスで暮らしてます。

元エステティシャン

新しいことを始める時のワクワク感が大好き!

FPの資格取得・転売・ライターを経験して、ブログを始めました。

ブログ歴は約5年、書いた記事1654記事

アドセンス収入累計369万円

 

メルマガでは、エステの裏話や家計の話もネタバレします!

 

ドラマを見たことで人生が激変したプロフィール

ちょっとのぞいてみてください。

詳しいプロフィール

1位を目指してますがなかなか上がらない!今何位かな?
キンドルで本を出版しました!

            ブログを売った体験を書きました!

ブログを外注するなら、FAAP
最近の投稿
Twitterタイムライン
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ